好調ツエーゲン金沢ついに首位に!

5月3日(日)、ホームに水戸ホーリーホックを迎えたツエーゲン金沢は、後半アディショナルタイムに新加入のジャーン・モーゼル選手の劇的ゴールで勝利し、ジュビロ磐田が敗戦したためついに首位に立った。
もちろんまだ11節での段階で、かつ仮に優勝したとしてもJ1ライセンスを取得していないためJ1に昇格することはできないが、それにしてもJ21年生のツエーゲン金沢にとっては嬉しい誤算といえるだろう。

前回のコラムで書いた観客数も、その後の4月19日(日)対カマタマーレ讃岐戦は雨で気温も低いことも影響したのか2,333人と伸び悩んだが、4月29日(水・祝)のナイトゲーム、対コンサドーレ札幌戦では6,657人、今日の対水戸ホーリーホック戦でも4,407人だった。
他の会場に比較して少ないようにも感じるが、昨年平均観客数3,000人がなかなか達成できなかったことを考えればまずまずかもしれない。
しかし、これも今の好調ぶりが支えている人数なので、クラブはこの好調の時にこそ次の手を打って、リピーターを増やすことを考えるべきだと思う。

そこで、石川県選出の国会議員、石川県議会議員、金沢市議会議員の方にお願いです。
ぜひ一度試合を観にきていただきたい。
そこには、ひとつのスポーツの試合ということだけでなく、
観客の笑顔があります。
親子の絆があります。
家族の語らいがあります。
ツエーゲン金沢という媒体を通して、県民の市民のいきいきとした姿がそこにあるのです。
ツエーゲン金沢がJ1へ昇格する目的という意味だけでなく、
訪れる方々のために、気持ちよく過ごせる空間を提供するために、
施設の改修や利便性を真剣に考えていただきたい。

J2ランキング(2015.5.3現在)