ビークス白山が9連覇!

本日、12月23日(月・祝)にフットサルのPUMACUP2014全日本選手権大会石川県大会の準決勝・決勝が行われた。
たぶん、この試合が今年の生観戦納めになるだろう。
結果はビークス白山が9連覇を達成し、準優勝のグランドルフ金沢とともに、北信越大会への出場を決めた。

試合は、やはり実力差に勝るビークス白山が開始早々2点を先制し、一方的な展開になると思われたが、その後はグランドルフ金沢も踏ん張り、互角の攻防を繰り広げる。
しかしチャンスをきっちりものにしたビークス白山は、2点を追加し4点リードで試合を折り返す。

後半に入るとグランドルフ金沢の猛攻が始まるが、ビークス白山は激しいプレスとパスカットでゴールを与えない。
逆にビークス白山は着実に得点を重ね、6-0とリード。
グランドルフ金沢は、終了間際に1点を挙げ一矢報いるが試合はこのまま6-1でビークス白山の勝利となった。

正直言ってFリーグを目指すチームであれば、もう少し終始圧倒したゲームを期待していたが、それは欲張りというものだろうか。
とにかく、優勝したビークス白山、準優勝のグランドルフ金沢のみなさんには、北信越大会での健闘を期待したい。



午前中に行われた準決勝は、第1試合が「ビークス白山 3-1 FCマーブル」、第2試合は「NYC 3-4(延長) グランドルフ金沢」という結果だった。

この準決勝で負けてしまったNYCだが、以前「ぶんぶんボウルのフットサル入門」でお世話になったチーム。
0-3から終了2分前に追いつくという粘り強い試合を展開したのだが、延長後半の相手PKの1点に泣いた。
で、試合を見ているとなにやら見覚えのある顔が!
あとで確認したところ、やはり元ツエーゲン戦士だった。
いやぁ、こんなところで彼のプレーが見られるとは!
さすが足元のプレーは上手い!!でも攻守の切り替えがサッカー選手の時とおんなじ(笑)。
今後もNYCでプレーするのかわからないが、そうなるとまた楽しみがひとつ増えることになる。

来年もできるだけ多く試合会場に足を運び、ゲームの面白さをお伝えしていきたいと思う。
では、みなさまよいお年を!!